こんにちは!
フリーの漫画家・イラストレーターの蒼澄空良です!
本日は最近読んでひじょうに参考になった本の紹介です!
フリーランスのための一生仕事に困らない本/ダイヤモンド社

¥1,620
Amazon.co.jp
著者の井ノ上陽一さんはフリーの税理士さんでして、税理業務のほかに様々な活動をされているアグレッシブルな方です。
先日ダメもとでTwitterでフォローして感想を送ったら、フォロワーになってくださいました(^^)
フリーランスにとって、何が必要か、不必要か、心構えからHPやブログ、経理関係まで教えてくれるバイブルなような内容となっています。
現在、この本で学んだことを自分なりに噛み砕いて一つ一つ実践しています!
この中で紹介されている項目の中でこのような内容があります。
blog_import_56d2b96a6b606
この一文、ものすごくガーン響きました
なぜかと言いますと、ここ最近、異業種交流会に参加することが増えて、いろんな人に会う機会がありました。
目的はズバリ、「自分」という商品を多くの業界の人に知ってもらうためです(笑)
いろんな交流会に出かけては名刺交換の連続連続。
まぁ、大体が「へぇ~漫画家さんなんだぁ」と、珍しいものを見るかのような応対で終わります(^^;
それも想定内で、新しい人脈作りや普通だったら会うことも無い業種の方と色々お話できるといった面ではとても有意義な会ではあります。
それを新規の仕事につなげられるかは自分次第なので、交流会=仕事に繋がる とは完全にいきません。
状況次第ですね。
交流会がダメとか、そういう話ではなく、そこから派生したある体験を話したいと思います。
先日参加したとある交流会で某会社の社長さんと出会いました。
その社長さんの会社から、Webマーケティング事業として、漫画コンテンツを一緒にやらないかと
お話をいただき、こちらも是非に!と承りました。
その会社さんにも出向き、いろいろとお話を伺い、まずはコンテンツのチラシを作りたいという話になり、そのチラシの作成をお願いしたところ、チラシに使われたイラストは私のHPに掲載していた別のクライアントさんのお仕事の漫画イラストでした。私の断りなしに勝手に使ってたんです。
その画像はクライアントさんから私のHPにだけ載せてもいいという了解を得て載せていたので、勝手に別の会社のチラシに使われるのは困ります!と打診してその場は収まったんですが、
マーケティング事業なのに著作権とかどう考えてるんだろう…?と疑問はのこりました。
そのお仕事が実働に入る前に、その会社の社長さんから、中小企業を対象にした同友会に参加しませんか?とお話が来ました。
そもそも私はフリーランス。中小企業の経営者でもないのになんで???とは思いましたが、
ゲスト見学くらいならいいかと思い行ってみました。
内容は「この同友会の会員を○○人増やしたい!」みたいな内容で、いやな予感はしたんですが
やっと終わってさて、社長さんにあいさつしてとっとと帰ろうと思い、社長さんのもとに行くと、
「君もこの会に入るよね!入会書にサインして!ね!」
と、強引に言ってきました。
会費だけでも年/数万円する、まったく自分には+にも-にもならない会に入る気はありません。
「ちょっと考えてからお返事します」と言い、その場は退散して、後日お断りの返事を先方に伝えました。
そこから、その会社からは進めていたお仕事関係のどころかなんの連絡も無くなりました。
ようするに、その会の会員を増やすためのエサだったんですね。
会員にならないなら用はないってことでしょう。
まぁ、のちのち冷静に考えたら、面倒くさいことにならなくてよかったな、て事なんですけどね得意げ
交流会に出るにしても、名刺交感するにしても、
同じ業界内で、少人数でやった方が効果はありますね。
同じ地元で活動しているクリエイターさんたちとの交流会はとても楽しく続いていますから♪
上記の内容以外にも、この本にはいろんなノウハウが載っています。
気になった方はぜひぜひお手にとって読んでみてください!

オリジナルのマンガを作りたい!という方は是非ぜひ
蒼澄空良のHP「ソランチ」までお越しください!