こんにちは!
フリーの漫画家・イラストレーターの蒼澄空良です!
本日は前回の続き、
佐渡川 準 先生との思い出を描かせていただきます。


仕事中はいつもくだらない話で盛り上がってましたね(^^)
「みんなのうた」の「ラジャ・マハラジャ」は永遠のトラウマだとか、
伊集院のラジオのネタについてつっこんだりとか(笑)
僕はその後、地元に戻り仕事に就いたんですが、
先生とのつながりは相変わらず続いていて、
たまに遊びに行ったりしてました。
「無敵看板娘」がアニメ化になった時はすごく喜んでいて、
放映前の1話を見せてくれたり、設定画を見せてくれたり…。
台本の1部をもらったのは今でも宝物です(^^)
最後にお会いしたのは亡くなられる2年前の夏。
仕事場に先生一人待っててくれて、
一緒にカラオケに行って、聞いたことない歌声を披露してくれました。
先生はタバコは吸わない主義、と言ってたんですが
その時はかなりのペースで吸われてて、やっぱり仕事でストレス溜まるのかなー?
と思ったものでした。
別れ際に写真を撮らせてもらって、
その写真は今でも自分の仕事場に飾っています。
きっと、見守ってくれていると信じて。

オリジナルのマンガを作りたい!という方は是非ぜひ
蒼澄空良のHP「ソランチ」までお越しください!