こんにちは!
フリーの漫画家・イラストレーターの蒼澄空良です!
今回は「シナリオ作成」について書かせていただきます。
マンガ制作のご依頼を受ける際、
マンガにする「シナリオ」が必需になってきます。
「シナリオ」がないと何も始まりません(笑)
クライアント様の中には、ご自身で詳細なシナリオを
送って来てくださる方も多いです。
(正直、すっっっっごく助かります^^)
もちろん「シナリオなんか作れない」という方もいらっしゃいます。
作れる方の方がマイノリティだと思います。
そういう時こそ、マンガ家の力の見せどころなのです!
とは言っても、とっかかりがないとスタートは切れませんので、
クライアント様から、どういった内容が好みか、何を一番伝えたいのか、どの部分を大きく見せたいのか事細かにリスニングいたします。
資料が必須な場合は、可能な限りご用意していただき、じっくりと目を通します。
必要資料が揃えば、いざシナリオ作成に入ります。
作成方法は千差万別と思いますが、僕の場合は「小説」風に書いていきます。
ま、そうはいっても「自分が分かればいい」が前提ですが(^^)
…しかし、大きな声では言えませんが、この「シナリオ」作成、長時間やっていると
眠くなってきてしまいます(笑)
作画に入ればあまりそういう事ないんですが(~~;)
シナリオ作成は脳の違う部分を使うのでスタミナがすぐに尽きてしまいます(笑)
そこで最近試しているのが、「仕事場とは違う場所」でやること。
ノマドワークというやつです。
ファミレスや、カフェで喧噪の中ストーリーを作るのが性に合ってるのか、けっこう集中できるんですよね(^^)
先日、お世話になっている地元 西宮の情報発信スペース「クリエートにしのみや」の責任者の方から、「いつでもうちのスペース使って仕事していいよ」とおっしゃてくださったので、
お言葉に甘えてお邪魔してきました。
t02200293_0720096013476237573
いつもは仕事場に一人閉じこもって仕事してるので、いろんな人と話しながら仕事するのは
新鮮な感じでした。
社会人時代に戻った感じ(笑)
おかげさまで、シナリオは無事完成いたしました!
このシナリオを基に、どの部分を何ページに入れるか、どこを削るか、何を足すかをシミュレートして「マンガの原型」が完成です。
うまくはまるとこれはすぐ終わります(^^)
この後はこれを「マンガのラフ」←下書きにしていきます。
その話はまたの機会に(^^)
マンガをどう作ればいいのかわからない!という方がいらっしいましたら、
是非是非、「ソランチ」までお問合せください!
ご相談のうえ、シナリオから作成させていただきます!