こんにちは!
フリーの漫画家・イラストレーターの蒼澄空良です!
今回は「お金」、つまり「制作料の価格付け」について、
ぶっちゃけて書かせていただきます!
自営で商売していて、一番悩むのが
「価格付け」なんですよね。
はたして、自分の思っている価格は高いのか安いのか?
なかなか分かりませんよね(^^;)
特にクリエイト系は「相場」があってないようなものなので(ほぼ無しですw)、
自分で判断しないといけません。
僕も以前、価格付けに悩んでいたとき、
とりあえず設定していた価格を同業者の方に見せて「どうですか?」と聞くと、
「安すぎる!自分の腕を安売りするな!」と怒られました(^^;)
また、別の業者の人に見せると「…安すぎません?」と苦笑されました(笑)
まぁ、自分でも「安いかなぁ…」とは思ってたんですが、
安ければお客さんがそれだけで来るだろうと甘く見てたんですよね。
その人が言うには「安すぎるサービスは客がかえって不安になる」とのこと。
うーん、なるほど。
一番つけやすい価格設定は制作にかかった時間給で決めれば良いと聞きますが、
同じ案件でも、かかる時間は状況によって変わってきますからこれも難しい判断に
なるんですよね…。
次に参考にしたのは、プロの漫画家の原稿料。
昔、アシスタントをしていた時に担当さんにそれとなしに
1枚の原稿料を聞いていたのでそれを基本にしたらどうだろうと思いましたが、
プロとの違いは「印税」が有るか無いかなんですよね。
印税がある分、1枚当たりの単価は下げられますが、こちらは印税なんてほぼ出ない
商売ですから、同額にするのも違うかな…と。
と、まぁ散々悩みに悩んで、
他の業者さんの価格も参考にして、
お客様に自分の技術料はこれです!と自信を持って提示できる価格を考え抜きました。
それがこの価格表になります。
kakaku
いかがでしょう?
「高い」と感じますか?「安い」と感じますか?
それとも「まぁ、妥当じゃない?」と感じますでしょうか?
そのご判断はお客様に委ねます。
ただ、はっきりと言えることは、
この価格に見合ったクオリティをお約束します!
です(^^)
とは、言うものの、
上記の価格はあくまでコチラの設定価格です。
このブログを読んでくださっているあなたが
「マンガ制作を頼みたいけど、う~ん、どうしよう」と
思われていましたら、まずはご相談ください。
ご相談は コチラ から受けつけております。
できる限り、ご相談に応じさせていただきたく思います!
また、マンガの他、イラストやマンガ動画、似顔絵の
価格もホームページに記載しておりますので、
ぜひぜひ「ソランチ」までお越しください!