こんにちは!

フリーの漫画家・イラストレーターの蒼澄空良です!

おかげさまで新年早々忙しい日々を送ってアタフタしております(笑)

今回は、「製作費の前払い」について書かせていただきます!

本筋に入る前に

制作期間のスケジュールについて書かせていただきますね。

クライアント様からご依頼を受ける際、

スケジュールの確認は必須です。

いついつまでにラフを~、いついつまでに納品を~、ってやつです。

私たちクリエイターはそれを遵守する責任があります。

よく「漫画家はスケジュールが守れずヒーコラしてる」てイメージを聞きますが、

私たちフリーランスがスケジュールを守らなかったら死活問題になります(^^;)

ぶっちゃけていいますけど…

意外とスケジュールを提示したクライアント様が
そのスケジュールを守ってくれない
ケースの方が多いです(^^;)

例えば

ラフを提出してクライアント様に確認していただくとします。

納品日の逆算から、いつまでにその返事を受け、

修正があればそれに対応して、

仕上げする期間はこれだけだな、と

目録をたてるわけですが、

そのレスポンスが遅いと、自然と仕上げ期間は短くなります。

それだけならまだいいのですが、

ラフの確認の返事が納品予定日を過ぎても

送ってこないなんてこともあります。

まあ、そうなると納品日が繰り下がるだけなんですが、

一緒に納金日も後にずれるってことになります。

これはイタイ(笑)

毎月の収入が不安定なフリーランスにとって、

その月に入るだろうなと想定する

納金が翌月に回されるなんてことは大打撃でしかありません。

なので、僕はご依頼を受ける際、

クライアント様にもスケジュールを遵守してもらうよう

極力お願いしております。

中には

「じゃあ、製作費だけ先に払っておきましょうか?」

とおっしゃられる方もいるのですが、これも僕は極力お断りしています。

なぜなら、

「まだ完了してもいない仕事のお金を、
先にもらうのは間違い」

だと考えているからです。

万が一、先に製作費をいただいて、

事故や病気にあって仕事ができなくなった場合、

責任の取り方がめんどくさいから(^^;)

なので、

「製作費の前払い」は受けないほうがいい

と主張するのですが、

もう一つ「やめた方がいいな」と実感したケースが…。

去年の事なのですが

8月に「9月末納品」のご依頼をいただきました。

そこで、僕はそれに間に合うようラフを早めにお送りし、

返事を待っていたのですが

待てど暮らせど返事が来ず、やっと来たかと思ったら、

当初のページ数の倍以上の案件に擦り替わっており、

おまけにその内容もまだ最終決定ではないという(爆)

結果、スケジュールは伸びに伸びて、ようやくラフの内容が決定したのが

11月に入ってから(^^;)

そのころになると、ほかの依頼もたくさん入ってきており、

その案件に割く時間があまりとれなくなってきてしまいました。
(そりゃそうですよね)

クライアント様も「いつ終わるかわかんない」と言い出したので(汗)

流石に、いつ終わるか=いつ納金されるか わからない仕事だと

不安でしたので、今回ばかりは先に納金していただきました。

年末の忙しいこともあり、

結局納品できたのは今年の1月に入ってからです(^^;)

その間、精一杯頑張って仕上げたのですが…

意外なところに落とし穴がありました。

先に納金されると、頭ではわかってるのに心が

「もうお金もらってるから、これはすでに終わってる仕事」

というモチベーションになってしまい、なかなか筆が進まなかったのです…。

いけませんね~、これは。

前払いされると、モチベーションが下がる…とは盲点でした(>_<) この結果を踏まえて、やはり今後も 「前払い」はお断りしておこうと誓ったのでありました(^^;)

スケジュールについてのご相談等も

随時承っておりますので、お気軽に

「ソランチ」までお問い合わせください!

soranchi_linkbana2