知り合いに洋服の修理を請け負っている方がいまして、

先日あるお客様からそれぞれ違うタイプのズボンの修理を一度に大量注文されました。

その時そのお客様から「いっぱい注文するんやからまけてぇな~」

と言われたんだそうです。

そしてその知人は「いいですよ~」と言って少しばかりですがまけてあげたそうなんです。

それを聞いて僕は「はぁっ!?なんで?」

と思ったのですが、知人はきょとんとしてました。

なんでOKするかなぁ?

確かに、「同じ物」を大量生産する受注を受けた場合、割引するのは何となく分かります。

(大量生産する場合、原料の原価は下がりますからね)

でもね、それぞれ個別の物を…今回はそれぞれ違うタイプのズボンの修理ですが、

イラストや漫画でも、一度に大量注文された時、「まけて」と言うのは違うと思うのです。

むしろ、手間と時間がかかる分、いくらか上乗せするべきなんじゃないの?と。

例えば、これを別のシチュエーションで見てみましょう。

時給はまけないでしょ?

コンビニでバイトしているA君。

一人暮らしで生活費のすべてをバイトで稼いでいますので、

出来れば、もっとたくさんシフトを入れてほしいのですが、

ほかのバイトとの兼ね合い等を含めて

そうは出来ないのが現状です。

ある日、その日のシフトを終えて帰ろうとしたとき、

次のシフトのバイトが急に来れなくなってしまい、店長が「どうしよう~」と悩んでいます。

それを聞いたA君は「じゃあボクが続けてシフトに入ります」と言って代理で働くことになりました。

A君はシフトが増えてラッキーです。

店長も代理の人が決まって嬉しいはずです。

「ありがとう~!じゃあ、時給にいくらか上乗せしておくね」くらいのねぎらいがあっても、

「ありがとう~!じゃあ、いっぱいシフト入れるから時給いくらかまけておいてね」とは

ならないでしょう?

それと同じことだと思うんですよね。

サービスなのか、慣習なのか

確かに大量注文は、収入が増えるのは確かなので、嬉しいのは分かります。

じゃあ、ちょっとサービスしてあげようかな?と思うのも分からなくはないのですが、

仕事内容と場合によって違うんじゃないの?と思うのです。

…まぁ、関西人気質の「まけてぇなぁ」が根底にあるので

仕方がない部分もあるんですけどね(^^;)

みなさんはどう思いますか?

———————————————————————————
企業向けマンガ広告、冊子・書籍用マンガの制作を承ります!
蒼澄空良ホームページ【ソランチ】

http://soranchi.com/

↓ご依頼をおまちしております!↓
マンガ制作http://soranchi.com/about_manga.html
マンガ動画制作http://soranchi.com/about_movie.html
イラスト制作http://soranchi.com/about_illust.html
似顔絵制作http://soranchi.com/about_nigaoe.html

蒼澄空良Twitter(フォローお待ちしています!)
https://twitter.com/sora_7979

ソランチFacebook
https://www.facebook.com/aozumisora/
———————————————————————————