blog_import_56d2b9770fdde

これは数年前に描かせていただきました、

大阪は追手門学院の歴史教材「マンガ 追手門の歩み」です。

総ページ数165Pにも及ぶ長編マンガとなっています。

明治~平成にかけて4人の先生方を主人公に

オムニバス形式のストーリーになっています。

描いていた時は1年近くかけてコツコツ作業していたので

とても大変でしたが、またこういった書籍マンガに

挑戦してみたいなぁと思っています。

今、描いてみたいのは書籍用の「ビジネスコミック」と言われるジャンルです!

本屋さんで最近よく見かける

「マンガでよくわかる」って書かれてるアレです。

七つの習慣とか教える技術とか…。

ああいったものをやってみたいんですよねー。

んで、実際に描かせてもらえるにはどうしたらいいんだろう?と

直接出版社に問い合わせてみました!

大方予想した通り、

出版社さんは漫画家に直接依頼することは非常に稀みたいで、

マンガ制作プロダクションに依頼されているそうです。

名前を聞いてみると、有名な大手プロダクションでして…(^^;)

自分も一応はそこに名前だけは登録してるので、

そこの代表者さんにまた、「どうしたら描かせてもらえるんでしょうか?」と

メールしたら、クライアントが絵柄を選んで依頼する、ということらしいので、

そのプロダクションに登録してる個別ページをどれだけ目を惹くようにさせるかが

キモなんだそうです。

う~…ん、ハードルは高い(>_<)

でも諦めません!

いつか、描かせてもらえるように頑張る所存です!