先日、とある依頼で風景イラストの作成を承りました。

指定された希望タッチもあったのでその通りに作って

完成データをお送りしました。

希望されたタッチは↓のような感じです。

長1

イラストレーターで作ってフォトショップでちょいちょいと

加工して、自分でもなかなかの完成度の作品ができたと思ったのですが、

完成後にクライアントから

「水彩画タッチにしてほしい」と要望があり、

「…はぁ!?完成後に言う!?」と

常識を疑いました。

どうも向こうは

「パソコンでちょちょいのちょいで修正できるんでしょう?」

みたいな、タッチを変えるのを「修正」の範疇に入ると勘違いされているみたいでした。

タッチの指定は注文時に確認して了承を得ているので

こちらにこの修正(?)希望を聞き入れる責任は無いので

これはこれはで納品は完了したのですが、

どうも気分的にスッキリしません。

「無理です、出来ません」で突っぱねるのはなんか負けたような感じに思えてしまって(^^;)

別にこちらがあれこれ画策する義務も責任もないのですが

どうにかパッと見でも水彩画風にできないものか?

と思いいろいろ調べてみたら

「写真を水彩画風にする方法」という

フォトショップテクニックがあると分かり、

そのテクニックを紹介している動画を見てみました。

それがこの動画です。

この方法を使えば、

写真じゃなくてもイラストで応用できるんじゃないかと思い

実践してみました。

長1

↑このイラストをフォトショップで加工して…

長2

↑こんな風に生まれ変わらせました。

どうでしょう?パッと見水彩画風に見えません?(^^;)

一応クライアントには

「なんとなく水彩画風に見えるようにしてみたんで」と

お送りしました。

特に文句もなかったのでこれで問題なかったんでしょうww

詳しくは分かりませんが、

予算を掛けず、現状でできる限りのことはしたんで

後は知りません(笑)

が、自分にとっては、

新しい技法をマスターする良い機会になったので

「ピンチはチャンスってホントなんだなー」と思った

出来事だったのでした(^^)