先日、アベノハルカスで開催された

「クリエイター200人祭り」というイベントに参加してきました。

そこでこれからフリーランスになろうと目指している方に対して

フリーランスでバリバリ活躍されてる方々から講演があり、

それを聞いていて、自分がフリーランスになった理由や、

昔の会社勤めのことなんかを色々と思い出しました。

そういえば、僕が何故フリーランスになったのか

詳しい経緯を書いてなかったなぁと(書いたかな?w)

思いましたので、今年最後の更新にて書かせていただきます(^^)

フリーランスになる前

僕は専門学校を卒業した後、

地元関西を離れ、埼玉の方に引っ越し、

週刊連載されてた漫画家さんの元でアシスタントをしていました。

その後、ちょっと挫折して(^^;)

漫画から離れてみようと地元関西に戻り

大阪の某印刷業社に就職しました。

そこでは求人広告の構成やイラストカットの製作を担当していました。

漫画から離れていても、自分には絵を描くことしかできないので

イラストくらいならできそうかなぁと思ったのですが、

PCを使っての作業だったので、わからないことばかりで…。

その会社でIllustratorとPhotoshopの使い方を基本から

教えてもらいました。

そう考えれば働きながら勉強できたいい環境だったような

気がしますが、それまで働くといえばコンビニのバイトくらいしか

した事なかったので、スーツを着て会社に勤め、

部長や課長にアレコレ言われながら仕事をする環境に

「自分には合わないな〜」と実感しました。

この頃はフリーランスになりたいという思いすら無く、

フリーランスという働き方があることも知らなかったと思います。

「自分には合わない」と思いながらも、

働かないといけないので、とりあえずキャリアアップしようと

パチンコゲームを開発している会社に転職しました。

その会社での経験がその後の道の分岐点だったかもしれません。

何のために働いてるんだろう…?

そのパチンコゲーム会社がとんでもなくハードな会社でして、

ゲームの作り方も、アニメーションの作り方も全然知らない状態で

入ったので、とにかく覚えることがいっぱいで。

まぁ、仕事なので業務内容を覚えることには抵抗は

なかったんですが、その業務体系がとにかく身体に合わなくて…。

会社は9時からで定時が5時だったんですが、

5時で帰る人なんて誰もいなくて、みんな終電時間まで残って

仕事をしていました。

もちろん新人の自分が定時で帰るわけにいかないので

一緒に終電時間までやってましたね…。

凄い人は寝袋を持参して泊まり込みでやっていました。

なんか、泊まり込みで仕事する人の方が凄い、

みたいな風潮だったので…。

毎日終電まで残り、家に帰るのは日にちが変わってから…。

そして9時に出社しての毎日に心身共にボロボロになって

しまいました…。

何も楽しいと感じずに、している仕事もちっとも面白くありません。

「自分は何のために働いてるんだろう…」

と自問自答の毎日…、そんな働き方に耐えられず、

意を決して退職することに決めました。

自分らしく働くために

会社を辞めた後、

体調を回復するために、自宅療養しながら

ネットサーフィンをずーっとしていました。

そこである書き込みを発見します。

それは、

「某社団のパンフレット用の漫画を描いてくれる人募集」

という情報でした。

プロアマ問わずで、誰でも応募可能なコンペ、

フリーランスの人大歓迎という内容。

そこで初めてフリーランスという働き方があるんだと知りました。

世の中には会社に勤めず、個人で仕事を請け負う

フリーランスなる人がいるんだと知り、

自分もそんな働き方ができれば一番いいなぁ、と思いました。

そこで暇だったので、捨てた漫画をもう一度やってみようと

駄目元でコンペに応募したら見事当選してしまってw

その漫画制作を請け負うことになりました。

フリーランスではないが、個人で仕事をして報酬をもらう…、

スケジュールも仕事のやり方も自分の裁量でOK…

この経験が「自分らしく働けるフリーランス」になりたい!

思える原点になったのでした。

フリーランスになるためには

とは言うものの、いきなりフリーランスになるには

知識もなければ度胸も下地もありません。

まずは下地…漫画制作を個人で承る地盤を固めようと

各制作プロダクションに登録して、

下請けの仕事を受けれるようにしました。

それだけの収入では生活できないので、

なにかバイトをしようと決めました。

運がいいことに自宅の近くで、WEBショップを経営してる

会社がスタッフを募集していたのでそれに応募。

そこの会社でWEBの知識を吸収してHPの作り方を覚えました。

会社からは「社員にならないか?」とも言われましたが、

僕はフリーランスになることを目標にしていたので、

やんわりと断り(^^;バイトのままぬる〜い環境で

技術だけどんどんと学んでいきました。

そうして、WEB会社の仕事をしながら、漫画の副業をどんどんと

受けていき、やっと独立できる目処がたったので

フリーランスとしてスタートすることになりました。

ここまでで、自分がフリーランスを目指した理由として

●会社に拘束されるのが嫌

●心身共に健常な環境で働きたい

●自分の裁量で仕事を受けたい

●やりたい事、できる事を仕事にしたい

という思い一心で突き進んできました。

今、フリーランスとして働いて、とても自分に合ってるなぁと

思っています。

大変なことも、思い通りにいかないこともたくさんありましたが

総じて楽しく働けています。

この先もこのスタンスをキープして

さらに発展していければと思っています。

フリーランスになる事を目指している方は、

ぜひ、その思いを貫き通して欲しいと思います。

その為に何から始めればいいか、それは人それぞれだと思いますが、

まずは自分の今の状況を振り返ってみてはいかがでしょうか?

きっとどこかに答えはあるんだと思います。

 

 

というわけで、

今年最後の更新は、改めてフリーランスとしての今の自分の

足跡を振り返ってみました。

皆さんの参考になれば幸いです。

2017年も自分を見失わないよう

頑張っていこうと思います!

———————————————————————————
企業向けマンガ広告、冊子・書籍用マンガの制作を承ります!
蒼澄空良ホームページ【ソランチ】

http://soranchi.com/

↓ご依頼をおまちしております!↓
マンガ制作http://soranchi.com/about_manga.html
マンガ動画制作http://soranchi.com/about_movie.html
イラスト制作http://soranchi.com/about_illust.html
似顔絵制作http://soranchi.com/about_nigaoe.html

蒼澄空良Twitter(フォローお待ちしています!)
https://twitter.com/sora_7979

ソランチFacebook
https://www.facebook.com/aozumisora/
———————————————————————————