フリーランスで活動されている皆さんは、報酬の受け取り方はどうされていますでしょうか?

僕は自サイトからのご依頼に関しては、「入金後納品」という形を取らせていただいています。

詳しくはこちらをご覧ください(^^)

このお支払い方法は、サイトでも提示していますので、クライアント様はご了承の上でご依頼されています。

しかし、中には「当社の規定により納品後、月末締め翌月末支払いなんで対応可能でしょうか?」とお問合せをいただくこともあります。

「社内規定」というやつですね。

こうお問合せをいただいたら、当方としてはまずはこちらの納品スタイルが前提と交渉します。

そのままこちらのスタイルを了承いただける方もいれば、社内規定を押し通してくる方もいます。

その場合、条件と条件を競り合わせて、双方納得のいく契約内容を作り上げて受注を開始します。

(あまり頻繁ではないですが…)

お互い納得の行かない平行線の場合、残念ながらお断りする事になります。

致し方ないのですが、この「社内規定」に???と思ってしまうのも事実です。

なぜ、「社内規定」を前提に持ってくるのでしょうか?

フリーランスでも必ず「社内規定」に従わなければいけないのでしょうか?

そもそも「月末締め翌月末支払い」というスタイルにクライアントさん側にどんな利潤があるのでしょうか?

ちょっと疑問に思いましたので、

色々な専門家の方に聞いたり、自分で調べたりしてみたので、その結果をご報告します!

まず、フリーランスでも先方が出してくる社内規定に必ずしも従わなければいけないのか?

答えは「NO」です。

まぁ、当然です。

社内規定はあくまで社内の中での処理手順に過ぎず、合意になっていなければこちらを拘束するものではありません。

ただし、報酬の支払時期に関して、受注前に交渉しておかなければいけません。

なんの交渉も無しに支払時期を設定していなければ、納品時の際には先方の規定に従わなければいけない場合もあります。

(それでも交渉も次第ですが…)

なので、受注の際には、支払時期についてちゃんと書面で残しておく方がいいでしょう。

契約書はもちろん、メールでもいいと思います。

もし、こちらの条件を飲めず、あくまで社内規定を押し通してくる場合は「縁が無かった、仕方ない」くらいのスタンスでいましょう。

要は「交渉が大事」という事です。

お互い納得がいくようなら「月末締め翌月末支払い」でも全然構わないと思います。

でも、納品したらやっぱりすぐに報酬は欲しいですよねf^_^;

中には「翌々月末支払い」「校了完了後翌月末支払い」という規定の会社もあります。

何ヶ月後になんねん!と思いますよねw

たまにですが、入金時になっても支払わず、問い合わせると

「忘れてました〜」ってとこもありますから( *`ω´)

さて、この「月末締め翌月末支払い」ですが、

会社側にはどんな利潤があるのでしょうか。

簡単にいうと、「支払いを先延ばしにできる」につきます。

経理処理を単一ルールで管理できる、現金の流出を遅らせることができる、という言わばクライアントさんにとっての良い都合ということです。

慣行になっている場合がほとんどだと思います。

なので、「法律でそうなってる」とかではないそうです。

受注の際は、必ず支払時期に関して、ちゃんとクライアント様と条件を話し合いましょう。

どうしても条件が合わなければこちらからお断りしちゃいましょう(^^)

自身にとって一番納得のいける条件下で仕事をしたいですもんね。

———————————————————————————
企業向けマンガ広告、冊子・書籍用マンガの制作を承ります!
蒼澄空良ホームページ【ソランチ】

http://soranchi.com/

↓ご依頼をおまちしております!↓
マンガ制作http://soranchi.com/about_manga.html
マンガ動画制作http://soranchi.com/about_movie.html
イラスト制作http://soranchi.com/about_illust.html
似顔絵制作http://soranchi.com/about_nigaoe.html

蒼澄空良Twitter(フォローお待ちしています!)
https://twitter.com/sora_7979

ソランチFacebook
https://www.facebook.com/aozumisora/
———————————————————————————