今回は『納品データ』の形式についてご説明させていただきます。

基本、SORANCHIではマンガの納品データは『JPEG』と『PSD』の二つの形式で
お送りさせていただいております。

上のマンガでも説明しておりますが、さらに詳しく説明しますと、
現在、多くのマンガ家がPCでマンガを作成する際に『Clip Studio』というソフトを使用しています。
このソフトで作成したデータを1次データとしますと、
納品の際には2次データとして別の形式に書き出す必要があります。

その書き出せる形式が『JPEG』と『PSD』になるわけです。
この2つのデータであれば、印刷用にもWeb用にも問題なく使用いただけます。

中には納品データの形式で『AIデータ』をご希望される方もいらっしゃいます。
『AIデータ』はillustratorで作成したデータ形式ですので、
ご希望の際はマンガをillustratorで作成する必要がありますが、
あまり一般的な作業方法ではありません。
(illustratorでマンガを作成されている方もいらっしゃるのも事実ですが…ごくまれかと思います^^;)

SORANCHIでもillustratorでマンガ制作をご希望であれば、対応いたしますが、
通常の作業とは違う工程になりますので、通常料金より割増しになることをご了承ください。

『AIデータ』でも納品をご希望の理由をお伺いしますと、
「納品後も吹き出しの中のテキストをある程度こっちで打ち直ししたいので」
というお話が非常に多いです。

納品後もテキストを操作されたい場合は、
テキストを空白にしたバージョンを別途作成しお送りさせていただきますので
そのデータの上からご自由にテキストを打ち込んでいただければと思います。

また、納品後もテキストの修正については随時受けつけておりますので、
お気軽にお申し付けください。

他にもご質問・ご相談がございましたら
是非お問い合わせいただければ幸いです^^。