ソランチがご提供するプロモーションマンガは、伝えることに特化したメソッドを取り入れて制作しています。プロモーションマンガのメソッドとは以下の【3つの要素】から成り立っています。

ターゲットを明確化!
《キャラクター》

男性か女性か、若い人かご高齢の方か、どんな場面で活動しているか、何に悩んでいるか、また何を希望しているかなど、ターゲットの細かな特徴を把握・具体的に想像し、その人物像をマンガの主人公に投影することで読者は自分事として共感しやすくなり、メッセージをよりリアルに伝えることが可能です。

✓マンガを読んで欲しいのは誰なのか?これから作るマンガのターゲットはどの層の人なのか?男性?女性?子ども?高齢の方?それとも…???ターゲット層を選定することは、読者層を決めることと同義です。

少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、児童マンガ…マンガには必ずターゲット層に分かれたジャンルが存在します。例えば、少年誌に青年層をターゲットにしたビジネスマンガ載っていると違和感を感じますよね?オリジナルマンガコンテンツも同じで、然るべくターゲット層を選定することで伝えたい事を違和感なく伝えることができます。ターゲット層が分からない場合もヒアリングによってご相談に応じさせていただきます。

✓ペルソナからマンガの主人公を決める年齢層は?性別は?何に悩んでる?何に悩んでる?何を希望している?どんな立場にいる?どんな職業の人?ターゲット層が決まれば、より詳しくペルソナ(人物像)を想定していきます。イコール主人公像になります。

ペルソナ(人物像)を決めるのは、読者をイメージした主人公像を作るためです。マンガの主人公が自分と似ている人物像だと、人は自然とそのキャラクターに感情移入します。それこそがマンガの醍醐味でもあるのです。キャラクターに自分自身を投影させ、自分事のように思ってもらうことが目的です。

✓マンガを通して疑似体験させるこの主人公、まるで私みたい!主人公に共感させることで、マンガの中の出来事を自分事のように疑似体験しているかのようにイメージしてもらえます。

マンガが持つ一番の魅力は、キャラクターへの共感・感情移入ができることです。読者はキャラクター(主人公)に自分を重ね、マンガの中の出来事を自分事のように疑似体験し、ストーリーに込められた情報やメッセージをイメージとして理解していくのです。

一番伝えたい事だけにしぼる!
《テーマ》

ターゲットに最も重要なメッセージを明確に伝えることは、深い理解を築く鍵です。商品・サービスの魅力、事業内容、問題提起など一番伝えたいことを絞り込み、それを効果的かつ魅力的な形でマンガに仕立て上げ、ターゲット層の理解を促します。

✓こめる内容は1マンガに1テーマ結局何を伝えたいの?マンガにいくつもテーマを入れてしまうと…なるほど!シンプルで分かりやすい!1つのテーマに絞ってマンガを作ると…

マンガは文字とイラストを使うことでテキストだけのコンテンツと比べ、情報伝達力は2倍以上と言われていますが、だからと言って1つのマンガの中に複数の伝えたい事=テーマを入れてしまうと、読む側からしたら結局どれが一番伝えたい事だったのか分かりずらくなってしまいます。1マンガには1テーマに絞ることでターゲットに確実に伝わるコンテンツになるのです。

法則を取り入れた構成!
《ストーリー》

マンガを読んだターゲットに向けて、認知・共感・理解を促し、読後に特定の行動へと誘導するために『PASoNAの法則』のマーケティング施策をマンガの構成に取り入れています。効果的なマーケティングとストーリーテリングを通じて、クライアント様の目標達成をサポートいたします。

✓PASoNAの法則&ストーリー構成ターゲットの抱えてる問題点を指摘してその問題点に対する解決策を提案して今すぐ行うべき理由を示して具体的な行動へと誘導する

マンガを届けたいターゲット層を決め、主人公像を固めて、テーマを決めたら、ターゲットが感情移入し疑似体験できるストーリー構成を「PASoNAの法則」を活用して構築していきます。マーティング施策の法則を取り入れることでターゲットを自身が望む具体的な行動へと導くことが可能になります。

✓マンガは認知・理解・共感を促す認知:ターゲットの目を惹き理解:分かりやすく伝え共感:感情移入させ疑似体験

マーティング施策を取り入れる事で、マンガを読んで欲しいターゲットの興味・関心を惹き、ストーリー通して分かりやすく伝えることで情報の理解度を深め、キャラクターに感情移入、まるで自分事のように疑似体験させ、得られるベネフィットをイメージしてもらいやすくなります。

その結果問い合わせや申し込み等の反応を得られやすくなる!