『マンガを使って、
自社のWebサイトへの集客につなげたい!』
とお考えの中小企業様、自営業者からの
ご相談を多くいただきます。

しかし、具体的にマンガをどんな施策で使えば
集客につなげられるのか?と
疑問に思ったことはありませんか?

そこでこの記事では、
プロモーションマンガを使い、
効果的に集客につなげられる2つの施策

について解説いたします!

…とその前に…

マンガを集客施策に使うメリット

まずは、マンガ=プロモーションマンガを、
集客施策に使うことのメリットから
紹介させていただきます。

マンガは、とにかく目立ちます

特に意識していなくても、
視界に入ってくれば「なになに?」
と気になるものです。

更に、子どもの頃から
マンガに馴染んでいる日本人には
マンガは分かりやすく情報を得られる
コンテンツでもあります。

また、マンガはキャラクターや
ストーリーを通して、読者に
感情移入させることができるので、
ターゲットに対して
直にアプローチすることも可能です。

上記のメリットは、
集客に向けたプロモーションにおいて
十分な効果が期待できます。

メリットがある以上、
デメリットもあるはずですが、
何でしょう…?

あえて言うなら
『マンガ自体をまず作らないといけない』
くらいしか浮かびません(笑)

まぁ、それは置いといて^^;

そんなプロモーションマンガを
使った集客施策の一つが…

コストはかかるけど短期集中的に集客できる『広告施策』

『広告』というと
どういったものを
連想されますか?

・チラシ広告
・テレビCM
・ネット広告
・街中広告
・イベント…

数え上げたらきりがありませんが、
とにかく広範囲に向けて、
一斉にPRできるのが広告です。

最近では、
マンガやイラストを使った
CMや新聞・チラシ広告も
よく見かけます。

それだけ様々な企業が
マンガの可能性に着目している
証拠です。

私のところにも
いろんな企業様から
プロモーションマンガの
ご相談をいただきます。

たまにとんでもない大企業さまからも
相談が来るので、個人事業主として
めちゃビビったりします(笑)

アプローチできる分母数が大きいので、
実際にサイトへ集客できる数も
確率的に大きくなります。

しかし、メリットが大きい分
最大のデメリットがとにかく
『コストがめちゃくちゃかかる』
ということです。

一般的なバナー広告でも、
1~100万円以上の広告費がかかりますし、

テレビCMになると、
1本作るのに何百万円~もの費用になります。

比較的ローコストでできる
SNS広告も、効果をいかんなく出そうと
するのなら何万円~以上の予算は
必要となってきます。

しかも、高い費用を使ったとしても
必ずそれ以上の効果が出るとは
限らないのが怖いところです。

できればコストはそんなにかけたくない…
という方にはもう一つの施策…

コストはかからないけど
集客できるまで時間を要する『コンテンツ施策』

コンテンツ施策…あまり聞かれない
言葉ではないでしょうか?

ここでいうコンテンツとは
『情報』です。

つまり、自ら
自社商品・サービスについての
情報を発信し、お客様に
見つけてもらう施策
ということです。

広告施策は
不特定多数の広範囲に向けた
アプローチでしたが、

コンテンツ施策は、
極端に言えば、
確実に自社商品・サービスを
必要とする1人のお客様に向けた
アプローチになります。

1人に向けた…と言えば
効率が悪いように思えますが、

お客様の立場から考えると、
ある悩み事があって、
それを解決できる商品・サービスを
欲しいと思った時、
まずすることは何でしょう?

それは、『ネットで検索』です。

あなた自身も実行されているはずです。

欲しい商品・サービスがあれば
まずはネットで検索して
情報を集めます。

ホントに欲しい商品・サービスは
のんきに広告が来るのを待ってませんよね?

そして、その商品・サービスについての
情報をゲットできれば、次に行うのが
それを購入・体験できるWebサイトへ
アクセスすることです。

つまり、
その商品・サービスについて検索、
情報をゲットできた時点で、
その商品・サービスを必要とされている
お客様が確実に1人、
Webサイトへ来てくれる可能性が高い
というわけです。

そのコンテンツを発信する場として
代表的なのが、

・SNS
・ブログ
・メルマガ
・YouTube…

コストがかからないものが
ほとんどです。

特にSNSでの発信は
効果が出る可能性が非常に高く、
所謂『バズる』事ができれば
自分は何もしなくても
勝手に拡散されていきます。

僕自身もTwitterでアップしたマンガが
めちゃくちゃバスり、
2年以上たっても未だに拡散されています。
(それについて詳しくはまたの機会に…^^;)

また、1回発行して期限が切れたら
消えてしまう広告とは違い、
コンテンツはそれ自体が
自社の資産として残ります。

つまり、コンテンツが消えない限り
半永久的に集客施策として活用
できるのです。

ただ、やはりデメリットが
『効果出るまで時間がかかる』
ということです。

ネットの中は情報であふれかえって
いますので、コンテンツを発信しても
肝心のお客様に届くまでに
どうしても時間を要してしまいます。

「…えー、じゃあどうすればいいのよ?」
とお思いですよね…^^;
それはズバリ…

『広告施策』と『コンテンツ施策』をバランスよく取り組む

中小企業様・自営業者様に
お勧めするのが、
『広告施策』と『コンテンツ施策』の
2つをバランスよく取り組むことです。

メインは『コンテンツ施策』にして、
短期的に『広告施策』を補完的に
実施するイメージですね。

『広告施策』もコストを
比較的抑えることができる
SNS広告がおススメです。

SNS広告は自分で予算を設定
することができますし、
広告を届けるターゲット層も
ある程度自身で設定することができるので
ターゲットを絞った発信が可能になります。

そして、
『広告』にも『コンテンツ』としても
ターゲットとなるお客様に向けて
注目させ、分かりやすく内容や魅力を
伝えることができ、集客につなげられるのが
『プロモーションマンガ』
というわけです。

今回のまとめ

『マンガを使ったプロモーションで、
Webサイトへの集客につなげる2つの施策』とは、

●コストはかかるけど短期集中的に集客できる『広告施策』

●コストはかからないけど集客できるまで
時間を要する『コンテンツ施策』

●理想は『コンテンツ施策』を中心に、
『広告施策』を補佐にして
 バランスよく取り組む

●プロモーションマンガは、『広告』にも『コンテンツ』としても
 2つの施策に活用できて集客につなげられる

と、以上になります!

『コンテンツ施策』の各ツール、
・SNS
・YouTube
についても今後詳しく解説していく予定です。

それではまた!

 

    お問合わせ内容
    ご相談お見積りご依頼オンライン個別面談

    ↓↓マンガを使ってお客様に伝わるプロモーション術講座をお届けします!